とてもプロのライダーには見えなかった。

おじさんのことをもっと理解したかった。

でも、理解しようとすればするほど、
どんどんおじさんのことがわからなくなってくる。

そんな自分が悔しかった。

スーパーカブのスピードメーターに目をやった。

法定速度を守っている。

おじさんは、本当は、
のんびり、ゆっくり走りたいと言っていた。

プロのライダーなのに、
ゆっくり走りたい、
だなんて。

でも、僕は...。

右手に力を入れる。

健太は、じりじりとアクセルを開けていった。

徐々に速度が上がっていく。

そして、フルスロットル。

漆黒の闇の中へ、健大は吸い込まれて行く。

このままどこかへ行ってしまおうか...。

画像: illustration © 2018 Kiichi Watanabe

illustration © 2018 Kiichi Watanabe

 

This article is a sponsored article by
''.